とび森で村長生活(仮)

「とびだせどうぶつの森」のプレイ記録です。 令和の時代に改めてこのゲームを楽しんでいきたいと思っています。

「とびだせどうぶつの森」のプレイ日記です。

基本的に毎日更新ですが、どうしても定期的な投稿ができない場合は「こういう理由で少し休みます」とアナウンスします(逆にそういうアナウンスがない状態で投稿がなくなった場合は、パソコンの故障とか急な不幸とか、緊急事態だと思ってください)。

とびだせどうぶつの森のプレイ記録、12回目です。
まだまだ初日の出来事に関する記事が続くかと思います。

前回までのあらすじ。
・「さくら村」に引っ越してきた「ハツエ」さん、村長になる。
・初日を「2019年5月1日」に設定。
・村の特産フルーツはさくらんぼ。
・自宅の場所を決め、村長としての初仕事(シンボルツリーの植樹)を行う。
・初期村民さんの紹介は#5~#9の記事を見てね。
・マニフェスト(プレイ方針)は#10に書いてあります。
・現在、村長自ら村の施設を視察中。


HNI_0065.JPG
前回に引き続き、村の様子を視察する村長。
踏切を渡った先の商店街に行くと、村民のブンジロウさんが歩いていた。こんな風に村民の動物さんがいることもある。


HNI_0069.JPG
R・パーカーズで会ったまめきちさんのお店「まめつぶ商店」に入ると、弟のつぶきちさんが店番をしていた。


HNI_0043.JPG
ちなみにこっちが兄がまめきちさん。マリオとルイージのようなはっきりした違いはない。
まめつぶ商店では、家具や暮らしに役立つ生活雑貨を売っているとのこと。
ここに来る前に浜辺に落ちていた貝殻をR・パーカーズで売り、ちょっとだけ資金を準備していたので、ここでスコップとつりざおを購入。道具の使い方も丁寧に教えてくれる。


HNI_0066.JPG
これが初日の店の外観。まめきちさんつぶきちさんのお店はゲームが進むにつれてグレードアップしていく。
普通にプレイしていれば村作成から13日ほどでお店が改装される。
また、普通にプレイしていれば7日ほど経つと右の空きスペースにとあるお店が建つので、この景色が見られるのは序盤の数日間だけである。



とびだせどうぶつの森のプレイ記録、11回目です。
まだまだ初日の出来事に関する記事が続くかと思います。

前回までのあらすじ。
・「さくら村」に引っ越してきた「ハツエ」さん、村長になる。
・初日を「2019年5月1日」に設定。
・村の特産フルーツはさくらんぼ。
・自宅の場所を決め、村長としての初仕事(シンボルツリーの植樹)を行う。
・初期村民さんの紹介は#5~#9の記事を見てね。
・マニフェスト(プレイ方針)は#10に書いてあります。


HNI_0022.JPG
植樹セレモニーが終わり、ここから自由に動くことができる。
しずえさんにアドバイスを聞くのは少し後にして、村の様子を村長自ら視察することにする。


HNI_0046.JPG
まずは村にある施設。おそらく一番利用するであろうリサイクルショップから。
初めて中に入ると、接客担当のリサさんと、商店街のお店を営むまめきちさんとの会話を聞くことになる。
この会話から、ここで
・不要なアイテムを買い取ってもらうことができる
・売りたいアイテムに自分で値段をつけて売ることができる
・まめきちさんのお店でも不用品を持ち込むことができる
ことが分かる。
まめきちさんが帰った後に、リサさんと改めてご挨拶。
「手放したいものがあったら、いつでも気軽に持って来てちょうだいね~」と言われる。「また村長だわ・・・」って思われるくらいムシやサカナを持っていこう。


HNI_0054.JPG
店の奥で寝ているのは、リサさんのご主人・カイゾーさん。
話しかけようとすると「ダーリン、寝不足でお疲れだからそのまま寝かせておいてあげてね」と言われてしまう。
今はまだできないけれど、いずれアイテムのリメイクが可能になる。


HNI_0056.JPG
お店の前にあるボードにはその日の高額買取品が書いてあり、買取価格が倍になることを教えてくれる。
お店は基本的に朝9時から夜11時までやっているので、今日のうちにやることを終わらせたら、お店が閉まる時間までブラックバスを釣りたいところ。



とびだせどうぶつの森のプレイ記録、10回目です。

前回までのあらすじ。
・「さくら村」に引っ越してきた「ハツエ」さん、村長になる。
・初日を「2019年5月1日」に設定。
・村の特産フルーツはさくらんぼ。
・自宅の場所を決め、村長としての初仕事(シンボルツリーの植樹)を行う。
・初期村民さんの紹介は#5~#9の記事を見てね。


HNI_0009

#0の記事でちょっと触れましたが、プレイ方針(マニフェスト)などを改めておさらい。
それと、プレイヤースキルも簡単に紹介しておきます。

・「とび森」は今回初プレイではなく、これとは別の村の村長を経験済み。博物館に全部寄贈はしているものの、やってないイベントがいくつかある。なんとなくプレイしてしまったため、システム等あまり理解していない。住民厳選はせず、誰一人引っ越しもさせていない。ちなみに未だに細々と続けている。
・過去作は「おいでよどうぶつの森」をプレイ済み。こちらもただのんびりと過ごしただけで、博物館の寄贈コンプなどはやっていない。デパートもできていない。
・amiiboカードは店で見かけたときに少しずつ購入したものがある。

これらを踏まえて、やりたいこと。

できるだけ多くのアイテムを集めたい
アイテムのコンプリートは不可能なので(過去に期間限定配信アイテムとかあったらしいです)、今自分ができる範囲でアイテムを集めたい。
のちに出てくるであろうパロンチーノさんからもらうバッジで「カタログマニアG」(コンプリート率80%)があるので、これを目標に。

できるだけ多くの動物さんと会話したい
上記の通り、別の村の村長の時は村民の入れ替えをしていない。ネット環境もないので他の村に行くこともない。なので村民以外の動物さんに会うことはほとんどなかった。
すべての動物さんを村民にするのはどれだけ時間があっても難しい。なので今回は、できるだけ多くの動物さんのスクリーンショットを撮りたい。具体的には、
「カフェ」にやってくる他村の動物さん、
「キャンプ場」に遊びに来てくれる他村の動物さん、
南の島で参加する「かくれんぼツアー」で会える動物さん、
amiiboカードを使って呼び出す動物さんの姿を撮って、その写真をブログに載せたい。
住人は全部で397人いるけれど、こちらもアイテムコンプ率同様、全体の80%を目標に(正直できるかどうか不安である)。

時間操作はちょっとだけ許可
別の村の村長の時は全く時間を動かさずにやっていたので、会えないキャラ(早朝や深夜にカフェに来る動物)がいたり、体調不良などでできなかった「年に一度のイベント」があった(余談だが、プレイを10日以上空けることはなかったので、勝手に誰かが引っ越すということはなかった)。
実際にプレイするのは主に夕方から夜になるが、早朝や夜中のBGMをのんびりと聞きたい気持ちもあり、ちょっとだけ許可したいと思う。
村の年月日を2019年5月1日スタートにしたのは「もう最初から時間ずれてるし」と気分的に時間操作をしやすくするためでもある。

最初はソロプレイを楽しむ。
上記の通り今も細々と別の村の村長をしているので、やろうと思えばローカル通信で特産以外の果物やアイテムを手に入れることができる。
特に理由はないけれど、最初のうち(ゲーム内で1年位経つまで?)は通信なしでも楽しめることをとことん楽しみたいと思う。
ちなみに、時々は外に持ち出してすれ違い通信を試みるかもしれないけれど、おそらく今は皆さんあつ森をプレイしているかと思うので、通信は期待しないでおく。

ゲームにのめりこみすぎない(自身の健康第一)
ゲームは楽しむためのものであり、義務ではないので。
今までは忙しいのにイベントを無理やりこなしたり、体調不良でゲームできずしょんぼりしたり、と振り回されていた部分もあったので、時間を味方につけてのんびりと頑張ろうかと。
初日だけはやることがたくさんあるのでたっぷりと時間を確保したけれど、休憩をこまめに取りつつやっていこう。

最後に。
どうぶつの森シリーズをとび森とおい森しかやったことがない自分がいうのもおかしいのかもしれませんが、現実世界とちょっと違うセカンドライフが楽しめるので、あつ森やポケ森から始めた方に「とび森も面白そうだな」と思ってもらいたいのと、過去にとび森をやったことがある方にも「ちょっと村に帰ってみようかな」と思ってもらえたらいいなぁと。
そんなブログにしていきたいです。


2022年11月2日 追記
ブログ引っ越しをきっかけにマニフェストを見直し、#502にまとめました。これからも時々見直すことがあるかもしれないです。




とびだせどうぶつの森のプレイ記録、9回目です。

前回までのあらすじ。
・「さくら村」に引っ越してきた「ハツエ」さん、村長になる。
・村の特産フルーツはさくらんぼ。
・初日を「2019年5月1日」に設定。
・自宅の場所を決める。
・村長としての初仕事(シンボルツリーの植樹)を行う。


#4の記事でちょっと映っていましたが、最初からこの村に住んでいる村民さんの紹介を。

HNI_0026.JPG
名前・やよい
性別・女
種族・ウサギ
性格・ふつうタイプ
誕生日・3月1日
口ぐせ・はにょ

初期メンバー紹介シリーズも今回で最終回。最後は駅前お出迎え組のやよいさん。
これとは別にやっている村のキャンプ場に来たのを見たことがあるけど、こうして一緒に過ごすのは初めて。


HNI_0051.JPG
部屋の内装はこんな感じ。火災が心配。


HNI_0056.JPG
最近食べ過ぎて胃がもたれているので、さっぱりしたものが食べたいやよいさん。
ビスさんやブンジロウさんと違い、表情がわかりにくい。植樹イベントの時も、おそらくあれが喜びの表情なのだろうけど、今はまだよく分からない。
でも一緒に暮らしていくうちに、例えば驚いたときにちょっとだけ目が大きくなるとか、そういう小さい変化が判ってくるのかもしれない。


HNI_0038.JPG
やよいさんからは、道具の使い方、駅前の掲示板について、写真の撮り方などを教えてもらった。


HNI_0095.JPG
3DSのLボタンとRボタンを同時に押すと、上の画面の写真が撮れる。こんな感じでブログにも載せられる。
思い出をたくさん残しておこう。


2022年11月3日 追記
ブログ記事のタイトルを一部修正しました(「住民紹介」→「村民さん紹介」)。
今までのままでも間違ってはないのですが、ブログを書いているうちに自分の中で「村民さん」呼びが定着してしまったため、ブログの引っ越しを機に修正しました。




とびだせどうぶつの森のプレイ記録、8回目です。

前回までのあらすじ。
・「さくら村」に引っ越してきた「ハツエ」さん、村長になる。
・村の特産フルーツはさくらんぼ。
・初日を「2019年5月1日」に設定。
・自宅の場所を決める。
・村長としての初仕事(シンボルツリーの植樹)を行う。


#4の記事でちょっと映っていましたが、最初からこの村に住んでいる村民さんの紹介を。

HNI_0008.JPG
名前・ブンジロウ
性別・男
種族・オオカミ
性格・コワイタイプ
誕生日・11月5日
口ぐせ・だぜよ

駅前のお出迎え組ではないので、自宅に行ったときの様子。
部屋の内装写真を撮り忘れていることに今気づく。残念。


HNI_0011.JPG
「村長だからって、特別あつかいはしねぇぞ!」
「じっくりと お手並みを見させてもらうから そのつもりでな!」からの上記のセリフで、頼もしさを感じる。


HNI_0034.JPG
内装写真代わりに、チュートリアル中に撮った写真を。


HNI_0082.JPG
わざと歩き回っていたり、何度も話しかけたりしたけれど、こういう感じで次にどこに行って何をするかを丁寧に教えてくれる。


HNI_0009.JPG
通常時はオオカミらしい・コワイタイプらしい顔つきですが、すごく優しい笑顔をするのが素敵。
ブンジロウさんは何かのプレイ動画で見たことがあり、その時も笑顔がいいなぁと思っていたので、ここで会えて嬉しい。


2022年11月3日 追記
ブログ記事のタイトルを一部修正しました(「住民紹介」→「村民さん紹介」)。
今までのままでも間違ってはないのですが、ブログを書いているうちに自分の中で「村民さん」呼びが定着してしまったため、ブログの引っ越しを機に修正しました。




とびだせどうぶつの森のプレイ記録、7回目です。

前回までのあらすじ。
・「さくら村」に引っ越してきた「ハツエ」さん、村長になる。
・村の特産フルーツはさくらんぼ。
・初日を「2019年5月1日」に設定。
・自宅の場所を決める。
・村長としての初仕事(シンボルツリーの植樹)を行う。


#4の記事でちょっと映っていましたが、最初からこの村に住んでいる村民さんの紹介を。

HNI_0023.JPG
名前・ビス
性別・男
種族・ペンギン
性格・ぼんやりタイプ
誕生日・1月29日
口ぐせ・ペンペン

駅前でお出迎えしてくれたビスさん。
目の感情表現がわかりやすい。植樹の時や上の画像はニッコリ顔。


HNI_0037.JPG
通常時の目はこんな感じ。


HNI_0012.JPG
オロオロするビスさん。

ビスさんから「新しいおうちもきまったことだし、そろそろお買いものしたいんじゃない?」と、お店の場所を教えてくれた。
それと、どうやら「期待の新村長」としてウワサされているらしい。
彼もチューこさん同様プレイ動画などで見たことがなかったけど、話せば話すほど「癒し系」とか「村のマスコット」という感じの言葉がしっくりくる。


2022年11月3日 追記
ブログ記事のタイトルを一部修正しました(「住民紹介」→「村民さん紹介」)。
今までのままでも間違ってはないのですが、ブログを書いているうちに自分の中で「村民さん」呼びが定着してしまったため、ブログの引っ越しを機に修正しました。




とびだせどうぶつの森のプレイ記録、6回目です。

前回までのあらすじ。
・「さくら村」に引っ越してきた「ハツエ」さん、村長になる。
・村の特産フルーツはさくらんぼ。
・初日を「2019年5月1日」に設定。
・自宅の場所を決める。
・村長としての初仕事(シンボルツリーの植樹)を行う。


#4の記事でちょっと映っていましたが、最初からこの村に住んでいる村民さんの紹介を。

HNI_0015.JPG
名前・チューこ
性別・女
種族・ネズミ
性格・げんきタイプ
誕生日・2月5日
口ぐせ・でちゅの

駅でのお出迎え組ではなかったので、たぬきハウジングに行く前に彼女の家に行く。
「これからアタイ達のリーダーとしてがんばってくれるって、期待してるよ!でちゅの!
もちろん、アタイもさくら村のファッションリーダーとしてサポートするし、ヨロシクね!」
と言ってくれた。
プレイ動画などでも見たことがなく、動く彼女を見るのは初めてだったけど、とてもかわいらしい。


HNI_0013.JPG
家の内装はこんな感じ。


HNI_0010.JPG
チューこさんから、手紙の書き方やセーブについて教えてもらった。


HNI_0003.JPG
彼女だけでなく村民さんはみんな、手紙を見せてくることがあるので、「人に見せられないような はずかしいコトとかイヤなコトは 書かないように 気を付けてね!」と念を押される。
そして、ゲームを終了するときはセーブも忘れずに。


HNI_0019.JPG
「キラキラパワーアップするニックネームを考えたんだけど、聞きたくない?」と、村長就任初日から呼び名を考えてくれた。
せっかくなのでそう呼んでもらおう。


2022年11月3日 追記
ブログ記事のタイトルを一部修正しました(「住民紹介」→「村民さん紹介」)。
今までのままでも間違ってはないのですが、ブログを書いているうちに自分の中で「村民さん」呼びが定着してしまったため、ブログの引っ越しを機に修正しました。




とびだせどうぶつの森のプレイ記録、5回目です。

前回までのあらすじ。
・「さくら村」に引っ越してきた「ハツエ」さん、村長になる。
・村の特産フルーツはさくらんぼ。
・初日を「2019年5月1日」に設定。
・自宅の場所を決める。
・村長としての初仕事(シンボルツリーの植樹)を行う。


前回#4の記事でちょっと映っていましたが、最初からこの村に住んでいる村民さんの紹介を。
先住民は5名ほどいるのですが、名前の五十音順で。まずは彼から。


HNI_0018.JPG
名前・アーサー
性別・男
種族・ライオン
性格・ハキハキタイプ
誕生日・8月7日
口ぐせ・ナハッ

村長を駅でお出迎えしてくれた、アーサーさん。
「オマエを見たしゅんかんビビビッ!ときたぞ! この村をスッゲー村にしてくれるんじゃないかってさ! 期待してるぞー!村長ー!ナハッ!」と、ハキハキ系男子らしいフレンドリーな感じで歓迎してくれる。笑顔が可愛い。


HNI_0042.JPG
家の内装はこんな感じ。


HNI_0095.JPG
村民との会話の内容もこんな感じの初日仕様になっている。


HNI_0002.JPG
アーサーさんからは服の着替え方や袖ありの服・袖なしの服があることについて教えてくれた。ピエロのふくもプレゼントしてくれた。
画像にはないけど、フルーツがなっている木があったら揺らして採ることなども。

アーサーさんは、とある方のあつ森実況配信で軽く見かけたことがあります。そのせいか初対面の感じがしないですね。
村にもしものことがあっても強そうなので安心。


2022年11月3日 追記
ブログ記事のタイトルを一部修正しました(「住民紹介」→「村民さん紹介」)。
今までのままでも間違ってはないのですが、ブログを書いているうちに自分の中で「村民さん」呼びが定着してしまったため、ブログの引っ越しを機に修正しました。似たような記事が複数あるので、まとめて直しておきます。




とびだせどうぶつの森のプレイ記録、4回目です。
しばらくは初日の出来事に関する記事が続くかと思います。

前回までのあらすじ。
・「さくら村」に引っ越してきた「ハツエ」さん、村長になる。
・村の特産フルーツはさくらんぼ。
・初日を「2019年5月1日」に設定。
・自宅の場所を決める。


自宅の場所(役場の隣)を決め、役場に戻ってきた村長。
村民登録が終わったとのことで、村民であることの証明書「村民パスカード(通称・ソパカ)」を貰う。
これがあればよその村におでかけする事ができるのと、最新の情報(のちに出てくるバッジとか)が分かる。

それから、amiibo+版で追加された「くらしサポート」も確認できる。
日替わり(週替わり)でお題が出され、それをクリアすると「ふるさとチケット」がもらえる。役場の前にある端末がチケット発券機。
ふるさとチケットを使って交換できるアイテムもあるし、ベルに換金することもできる。
ちなみに今日のお題は「貝殻を5個売る」「ゲンゴロウをつかまえる」だったけど、ゲンゴロウは16時59分までしか出現しないので、プレイするタイミングによっては、やりたくてもできないお題があることも。
何をやっても自由なゲームなので、プレイする上でちょっとした目標があるのはいいのかもしれない。強制ではないので、お題をこなさなくても大丈夫。


HNI_0003.JPG
村のイベント時に使われる広場に、この村のシンボルとなる木を植えてほしい、とのこと。
これが、村長としてはじめての仕事になる。


HNI_0011.JPG
ただ引っ越してきただけなのに、なぜか村長として生活をすることになりました。
2019年5月1日、令和が始まったこの日、ハツエさんの村長生活も始まったのでした。

・・・いい感じの地図が出るまでリセットを繰り返し、ここまで約2時間。
やっと、やっとセーブができる!



とびだせどうぶつの森のプレイ記録、3回目です。
しばらくは初日の出来事に関する記事が続くかと思います。

前回までのあらすじ。
・「さくら村」に引っ越してきた「ハツエ」さん、村長になる。
・村の特産フルーツはさくらんぼ。
・初日を「2019年5月1日」に設定。


HNI_0082.JPG
駅から役場に行くと、秘書のしずえさんに自己紹介される。
しずえさんの早とちり?で村長になってしまったわけですが、
「正直に言っちゃうと こんな カワイイ方が 来るなんて 思ってもみませんでした!」
なんて言われてしまったら頑張るしかない。選挙したら負けそうだけど。


HNI_0050.JPG
村民登録をするにあたり、まずは住所を決めないといけないので、線路の向こうの商店街にある「たぬきハウジング」へ行く。
不動産屋オーナー・たぬきちさんに歓迎される村長。
住みたい場所にたぬきちさんを案内する。

商店街に行きやすい北側、海に行きやすい南側、不用品を売るのに便利なリサイクルショップの近くなど、どこに自宅を建てるかプレイヤーによって優先度が変わってくると思うのだけど、今回は海の近く(&役場の隣)を選ぶことに。
#1で地図を見た段階で自宅の場所をある程度決めていたとはいえ、地図では分からない「壊せない白い岩」があると予定を変更しなければいけなくなる。今回自宅周辺に白い岩はなかったので一安心。
ちなみに、横7マス×奥行5マスくらいのスペースがあれば家を建てられるけれど、これもあとから変更できないので決める際は慎重に。


HNI_0070.JPG
自宅の場所は決めたけど、すぐに家が建つわけではない。まずはテント生活らしい。
土地代、材料費、建築費諸々込みでの金額を聞きに、あとでたぬきハウジングに行くことになるが、先に村民登録を済ませないといけないので、役場に戻ることにする。

このあたりはチュートリアル(駅に着く→役場に行く→住む場所を決める→村民登録)なので、できればささっと終わらせたいところ。
ちなみに、この間に村民に話しかけると
「しょうてんがいにある たぬきハウジングってところに行くと おうちをよういしてくれるよ」とか、
「住む場所が決まったのかい?だったらちゃんと役場に報告しとかなきゃダメだぜ」といったように、
次にどこに行って何をするのかを教えてくれる。



とびだせどうぶつの森のプレイ記録、2回目です。
しばらくは初日の出来事に関する記事が続くかと思います。

前回のあらすじ。
・厳選作業の末、さくらんぼが特産の村に降り立つ。


2019年5月1日、午前11時過ぎ。
村役場の関係者と思われる方と、村民(3名)に、駅で出迎えられるプレイヤー。

HNI_0065.JPG
「村長!お待ちしていましたよ~!」
「この列車に乗って来るって、ちゃんと約束してたじゃないですか~!」
「驚かそうとしてもダメですから!ホントゆかいな方ですネ!うふふ・・・」
問いかけに対し否定しても勝手に話が進んでいき、自分がこの村の村長として生活することになってしまう。
「くわしいお話は役場の中で」とのことで、まずは役場に向かう。

話が前後してしまいますが、ここでプレイヤーが動けるようになった時に、特産フルーツを確認。
何度もリセット作業していたので、この段階でかなり疲れてしまった。

村の名前は「さくら村」に。
ブログ用にインパクトのある面白い名前にしようかと思っていたのだけど何にも思い浮かばなくて、好きな花とか食べ物とか曲とか本のタイトルなどの中から選ぶことに。
ゲーム内でよく目にする単語且つ変更できないものなので、これで良かったのかもしれない。

そして、プレーヤー(村長)の名前は、旧コンテンツから拝借して、「ハツエ」さんに。
正式には「ハツ江」ですが、漢字が使えないようなのですべてカタカナで。
ハツエさんなので、もちろん女子です(前回の列車内でみしらぬネコさんとの会話で、性別や顔のパーツが決まります。攻略本を参考に選択肢を決めましょう)。
料理名人から村長に生まれ変わった「ハツエさん」を、よろしくお願いします。



とびだせどうぶつの森のプレイ記録、記念すべき1回目です。

ゲームを新規に始めると、電車の中でみしらぬネコさんとの会話が始まる。

プレイヤーの名前や、住む村の名前を入力し、4種類の中から村の地図を選択するのですが、すでにこの段階で何度もリセットすることに。
ゲームを始める前はほとんど気にしていなかったのに、いざ始めると役場や広場やリサイクルショップの場所、砂浜の位置や池の個数など、いろいろと気になってしまい、なかなか先に進まない・・・。

そしてもう一つ、どうしても譲れない条件が。「村の特産フルーツは、ナシ以外」。
実はすでに1つとび森の村長をやっており、その村の特産がナシなので、2つ目となるこの村の特産フルーツは別のものにしたかったから。
最初のうちは純粋にソロプレイを楽しむつもりですが、いつかは特産フルーツの輸出入をやると思うので。

ただ、電車内の地図の選択場面では特産フルーツが何かは分からなく、地図を選択し村に着いた後で確認することになる。
ここでなぜか何度もナシの村を引いてしまい、最初から何度もやり直すことになってしまう。

もっとこだわる人は、駅舎や村役場の色、最初に住んでいる住人(動物)、芝生の柄などの厳選作業をするみたい。
一度決めると変更できない部分なので、気になる人は時間が許す限り拘るべきかなぁと思う。

1時間半ほどの厳選作業の末、導線が良さそうな地図と特選フルーツがさくらんぼの村に決定。

余談ですが、こちらの村は「2019年5月1日」スタートになっています。
なんとなくですが、令和の時代を生き直してみたかったのです。
現実の自分は病気になったり色々あって大変だけど、こちらの世界では楽しく過ごしたい。



ニンテンドー3DSソフト「とびだせどうぶつの森amiibo+」のプレイ日記を、これから投稿していきたいと思います。
新作の「あつまれどうぶつの森」ではなく「とびだせどうぶつの森」の方です。

数年前に大きな病気をした際に、心の支えになったのがこの「とびだせどうぶつの森(とび森)」でした。
旧コンテンツとして料理番組のレビュー記事を投稿していたのですが、続けていくのが困難になり、元気になったらとび森での村長生活を記録したいと思うようになりました。
今までの記事とまったく違う内容なので少々悩みましたが、昔の自分の記録として旧コンテンツはそのままにし、新コンテンツとして投稿していこうかと思います。

プレイ方針として、
・できるだけ多くのアイテムを集めたい
・できるだけ多くの動物さんと会話したい
・時間操作はちょっとだけ許可(夜中のBGMとか聞きたい)
・ゲームにのめりこみすぎない(自身の健康第一)
これらを頭において、ゆるーく頑張っていけたらと思います。
よろしくお願いします。

ちなみに今回、病気の際に始めたとび森(現在も毎日やっています)ではなく、新規にイチから村づくりを始めます。
このために、新たに3DS本体とソフトを新規購入しました。



本当にお久しぶりです。
自分の人生の中で最大級の病気をしまして、戻ってくるまでに年単位の時間がかかってしまいました。
このブログももしかしたらなくなってしまっているかも、と心配でした。
ログインできなかった間に何やらリニューアルされているみたいで、少々戸惑っております。

今までのように食事を楽しむ、というわけにはいかなくなり、以前のようなブログは書けないかもしれません。
その代わりに病気療養の際に心の支えになったものを書いていけたらと思っております。

過去記事を読み返してみたり、こっそり追記編集しながら、以前のような生活に少しでも戻れるようにリハビリしていきたいです。
改めまして、今後ともよろしくお願いします。

体調不良がずっと続いていて、なかなか記事が書けずにずるずるときてしまいました。
来ていただいた皆様に本当申し訳ないと思っております・・・。

復活まで、もう少しお時間を頂けたらと思います。
病気を治して戻ってきます!

NHK「きょうの料理ビギナーズ」ブック ハツ江おばあちゃんの定番おかず - 高木 ハツ江, 河野 雅子
NHK「きょうの料理ビギナーズ」ブック ハツ江おばあちゃんの定番おかず - 高木 ハツ江, 河野 雅子

↑このページのトップヘ