とびだせどうぶつの森のプレイ記録、667回目です。
村長生活111日目になっています。
前回までのあらすじ。
・さくら村・村長ハツエ。サブキャラ・あかね。特産フルーツさくらんぼ。
・初日を「2019年5月1日」に設定。現在8月19日(村長生活111日目)。
・#500までの記事は、旧ブログ時代に書いたものです。
・旧ブログ時代に紹介していた動物さん達についてはこちらを参照。
マニフェストルーティンワークは時々本文内に登場するかも。
・動物さん紹介(オートキャンプ場) #504#509#517#524#530#533#537#593#597#603、#621、#631 
・動物さん紹介(カフェ) #510#547#598 
・動物さん紹介(かくれんぼ) #527#584#599、#638、#649 
・特別編(村の歴史)#609、(ケイトさんと仲良くなるまで)#610
HNI_0035
ジェシカさんからこんな話を聞く。
過去にアネキタイプの動物さんから占いについての話を聞いた事があることを思い出す。ハニワ占いがどうとか、夜に占いの結果を確認するとか。初回プレイ時のアネキタイプの動物さんから聞いた記憶があるけれど、ここでは初めてだったかな。


HNI_0036
村長の中では「アネキタイプ=占い好き」なんてイメージを勝手に抱いていたので、ジェシカさんがそういう風に言い出すのはものすごく納得している。
(攻略本にジェシカさんの将来の夢は「メイクアップアーティスト」と書いてあるのは気にしてはいけない。)


HNI_0038
で、問題はここから。
滝に打たれるだけではダメじゃないかなとは思うけれど、「占い師になるには」という具体的な方法もイマイチよく分からない。でも、村長(の中の人)的にはそれが問題ではなくて。


HNI_0040
会話が強制終了してしまって、ジェシカさんがこんな風に考え込んでしまう。この状態になると話しかけても相手にしてもらえない。初回プレイ時にもこんなことがあって、この状態で話しかけても会話できないので、そっと離れることにした(「ひとりにして」とか「ちょっと考えさせて」とか言われた気がする)。


HNI_0042
同じ村民さんに何度も連続して話しかけるとしばらく話してくれない(受け付けてくれない)のは知っているので、普段はそういう風にならないように連続で話しかけることは避けているけれど、今回のように「一発アウト」的な会話がアネキタイプの動物さんに存在するのはなぜだろう。
初回プレイ時のことを思い返すと、今回の占い師の話だけではなく他にもいくつか会話続行不能パターンがあったような気がする。何パターンあるのだろう?とか、アネキタイプ以外の村民さんにもこういうことが起こるのだろうか?とか、村長も考え込んでしまう。