とび森で村長生活(仮)

「とびだせどうぶつの森」のプレイ記録です。 令和の時代に改めてこのゲームを楽しんでいきたいと思っています。

タグ:とび森

HNI_0068
とびだせどうぶつの森のプレイ記録、947回目です。
村長の中の人が初めて知ることも多く、且つゆめみさんの話は重要なものが多い。なのでついつい長くなってしまう。書いても書いても特別編が終わらないと焦っていましたが、明日の投稿分で一区切りできそうです。


HNI_0070
ついに、現在の我が村の様子を夢として登録する時がやってきた。


HNI_0072
ここまでかなりしっかりとゆめみさんと話をしてきたけれど、やたら説明や確認をしてくる。
村の名前、村長の名前や見た目、村民さんの内訳や部屋にあるものや身につけているもの、こういったものも一応「個人情報」なのだから、安易にインターネットに個人情報をあげないようにしましょうという注意喚起をゆめみさんを通じて製作者側からされている感じ。
ここまできっちり言ったのだから何かあっても責任取れないですよ、というのが強く伝わってくる。


HNI_0073
ルールを守って心から楽しんで欲しいという、製作者側の想いを表明している。
これに関しては夢見の館だけではないのだろうけどね。


HNI_0074
ユーザー側の良心も試される。
他者の立場や目線で自分を見ることで気がつくことも多い。これに関しても、夢見の館だけではなく、日常生活でも常にそれを意識していかないと。


HNI_0075
マイデザインのことは説明されたし、ソパカ(村民パスカード)に夢番地が載ることは聞いたけれど、「ソパカのコメント」に関してはここで初めて言われたはず。

これって何だっけ?と思いソパカを確認。写真に吹き出しがあって、そこに自由にコメントが入力できるらしい(3DSの下画面に表示されるのでスクリーンショットが撮れなかった)。これまで何もしてこなかったので「コメントを いれてね!」となっていた。
文字制限もあるっぽいし、特に入力したい言葉もないし、とりあえずそのままで。


HNI_0077
ここまでものすごく丁寧に説明され、何度も何度も念を押され、さらにここでプレイヤーに最終確認。

他のプレイヤーさんに夢を見てもらうのは、技術面から見たら手順を踏めば簡単にできるものだけれど、それ以外に気をつけなければいけないことがたくさんある。
改めて注意喚起してくれたことに感謝。


HNI_0078
最終決定の後、マイデザインの取り扱いについての確認も。


HNI_0079
見られるのは仕方ないにしても、村長(やサブキャラさん)が作成したオリジナルマイデザインを、夢を見に来たユーザーさんが持って帰ることもできるらしい。

まぁマイデザインはこのブログで見せてしまっているし、きっととび森ユーザーさんのほとんどが「マイデザ枠が足りない=他所から持ち帰る余裕がない」という感じだと思うので、どちらでも良いかなぁと思いつつ今回は持ち帰りOKにしておく。


HNI_0082
ゆめみさんの準備を少し待つ。ここで一旦セーブが入ったはず。


HNI_0083
この瞬間の我が村の状況が「夢」になる。


HNI_0084
普段ならば「初めての夢見の館」とか「初めての夢登録」とか「初めての夢番地公開」といった感じで、このブログではおなじみの「初めての〇〇」シリーズとして記事作成していたと思う。今回はかなり特殊な状況だったので特別対応せざるを得なかった。

プレイ時も、ここで村長が横になった瞬間に「ここまで(辿りつくのが)大変だったなぁ」と思ったけれど、後になってこうしてブログを書いていても「ここまで(書ききるのが)大変だったなぁ」と同じような気持ちになってしまった。


HNI_0086
「お疲れ様でございました」と声がかかる。村のデータがほぼ丸ごと登録されるというのに、予想していたより短い時間で終わった。こんなものなのかな?


HNI_0076
先に#932でもお知らせしていましたが、こちらでも改めてご案内。

さくら村の夢番地は
「 2F00-01F7-C712 」になります。
更新に伴い、夢番地が変更になっています。
最新の夢番地は
「 2F00-01FC-74CF 」になります(画像も差し替えておきました)。
この夢番地は、3DSのオンラインサービスが終了する2024年4月9日(火曜日)午前9時まで有効です。


HNI_0090
ブログ記事の予約投稿システムに問題なければ、今回のこの記事は2024年4月7日の朝に投稿されるはず。
もう時間がないです。夢見の館関連のバッジを狙っている方がいたら急いでください。
万が一このブログを見て夢番地から直接来られる方がいましたら、ひとつお願いです。この村を見て回る時間がもったいないので、バッジ取得(夢の周回)に時間を使って下さい。


HNI_0092
ソパカに夢番地が載っていてもいなくても、2024年4月9日以降は意味のないものになってしまう。
夢番地は記念に載せたままにしておこうかな。邪魔だなぁと思うプレイヤーさんは事前にゆめみさんにお願いしておいた方が良いかも。


HNI_0093
夢だけではなく、このブログも楽しんで欲しいです。
その為にはまずは自分が楽しまなければ。それが伝われば楽しいものになるはず。


HNI_0097
ちなみに夢の更新は1日1回できるとのこと。
これまでとび森のインターネットサービスが永遠に存在している前提でゆめみさんは話しているけれど、さすがにセリフまわりの変更(アップデートで追加)はないんだろうなぁ。


HNI_0001
「ゆめみさんとセイイチさんを我が村にお迎えしたい」という想いがきっかけで始まったこの「夢見の館誘致プロジェクト」でしたが、気がつくと夢公開までしていました。

それでもまだ現地点で「村の世界へおでかけ」が未体験。夢の更新の件も含め、残された時間でどれだけ体験できるか分からない状況です。
仮に「おでかけ編」や「夢の更新編」といった番外編が書けたとしても、さすがにオンラインサービス終了前に載せるのは出来ないので、少し時間を置いてからの報告になるかと思います。その際は昔話としてお楽しみください。

特別編は明日でラスト。
ついにあの方が登場します!


HNI_0052
とびだせどうぶつの森のプレイ記録、946回目です。
多少の妥協もありつつ、ついに夢の公開の入り口に辿りついた村長。

夢見の館の視察時に一度説明を受けているけれど、公開するにあたり改めて話を聞くところからになります。大事なことを丁寧に説明してくれるので、ゆめみさんの話はどうしても長くなってしまうなぁ。


HNI_0053
夢を提供=この村の様子を「夢の世界の村」として登録するための手順を教えてくれる。手前のベッドではなく奥のカウチでやってくれるとのこと。


HNI_0054
以前も「夢のお取り寄せにはインターネットが欠かせませんもの」と言っていた(前々回記事参照)。
夢を取り寄せる(=自分が遊びに行く)時も、夢を見てもらう(=誰かに遊びに来てもらう)時も、インターネット接続環境が必須とのこと。


HNI_0055
ここで「夢番地」という言葉を初めて聞く。
自分の村を夢として登録する際に識別番号が付けられる。


HNI_0056
「ソパカ」という単語を久々に聞いた。
ソパカとは、転入初日にしずえさんからもらった、村民であることを証明する「村民パスカード」(んみんード=ソパカ)のこと(#4で初出)。

自分のソパカは、どうやら「すれちがい通信」や「(南の島の)インターネット島」で出会ったプレイヤーさんに見られる仕組みらしい。そこに自分の夢番地を載せることで、そのプレイヤーさんに番地指定で来てもらうことができるっぽい。


HNI_0057
夢番地があれば、すれちがい通信やインターネット島で出会ったプレイヤーさんだけでなく、以前#932で実際やったように自分の夢を教える(=宣伝する)ことも出来る。


HNI_0059
「それからひとつ大事なことを・・・」と前置きして話し始めるゆめみさん。まだ大事な話があるらしい。

まずは駅前の掲示板の件。夢の中ではどうやら読めない仕組み。
掲示板に自分の言葉を書き込む積極的なプレイヤーさんもいるからなのか、そういった個人情報が出ないよう配慮されているのだろう。

まぁ我が村の掲示板は、目玉商品入荷のお知らせとか、流星群のこととか、つり大会の結果とか、「待望の〇〇(公共事業)が完成しました!」というお知らせくらいしかか載っていない(自分では書かない)からどちらでも構わないのだけれど。


HNI_0060
こちらの件が村長(の中の人)としては大事かもしれない。

我が村で現在4名の村民さんが以前適当に作ったマイデザ服を着ているし、村の地面にもマイデザが多数貼られている。現在使われているマイデザは当然見られてしまう。それは仕方ない。


HNI_0061
プレイヤーの持ち物欄で所持できるマイデザは10枠ある。
その枠内にはあるけれど自宅にも村のどこにも使用していないデザインならば見られないという事なのだろうか?
それとも、その枠内にある時点で公開対象なのだろうか?

「表に出さないでいただく」の範囲がちょっと分からないけれど、どちらにしても見られたくないマイデザインはエイブルシスターズのきぬよさんにあらかじめ預けておけばよいのだろう。


HNI_0062
キャラクター関連のマイデザインはちょっと問題ありそう。権利的なものはもちろんだけど、そのキャラクターが好きな人と嫌いな人で印象が変わってくるだろうし。


HNI_0063
どうやらこういうこともあるらしい。その時は「お気の毒ですが・・・」とか言われてしまうのだろうか。

なんか、いろいろと考えてしまうなぁ。こちらは真面目に取り組んでいるものでも受け入れてもらえない可能性もある。もちろん中には本当に変なものも含まれているのだろうけれど(改造村とか)、そういうのと一緒にはしてほしくない気持ちもあるなぁ。

夢見の館「だけ」に関しては、自分の村の評価がどうであろうと2024年4月9日でなくなってしまう。けれどこのブログは続くので、いつまでもおだやかに過ごせることを祈るしかない。





HNI_0052
とびだせどうぶつの森のプレイ記録、945回目です。
今回は裏作業の事後報告のようなものを。

ちょうどこのあたりは現実世界で忙しい時期や体調不良と重なっていてプレイ時間も普段ほどは取れず、記憶やメモも曖昧。いつ頃何をしていたか?はプレイ時のスクリーンショット頼みになっております。ざっくり言うと、村時間で10月11日以降の出来事を順不同で紹介している感じ。

夢見の館を誘致しようと決めたものの、最初は自分の村を公開するかどうかまだ決めていない状況。ブログでこれだけ書いているんだしこれ以上恥をさらさなくてもいいのでは?と思いつつ、もしも「公開したい」と思った時に準備不足なのは嫌だったので、できる限りキレイにしようと思い裏作業を始めることに。


HNI_0086
まずは、今まで適当に作って地面に貼りつけておいたグレーのマイデザインを修正。レンガ?タイル?っぽい感じにする。村民さんの家を繋げてみたものの、作業用の目印にしている別のマイデザイン(緑とか白とか黄色の)も混在しているので見た目はそんなにきれいにならなかった。


HNI_0056
どこで書いたか忘れてしまったけれど、公共事業で建てたキャンプ場のまわりをキャンプ場っぽくしたいと思っていたので、その第一歩としてまずは「ハンモック」をキャンプ場の近くに作る。


HNI_0001
ハンモック完成後、「キャンプファイア」も近くに作る。公共事業関連は現状ここまで。あとはのんびりやっていこう。


HNI_0020
今まで邪魔なところにあった木をサブキャラさんに伐採してもらう。村長がやるとすぐにウワサ話が「切り株メーカー」になってしまうので(そればかり言われるのが嫌)、普通のオノが壊れるくらいにサブキャラさんに頑張ってもらった。
その後、木の苗や低木、さくらんぼを植えて、伐採した分を少しでも補填する(それでもまだ木が少ない)。

花も、時間の許す限り同じ種類のものを寄せ植える。意外にもこれが大変な作業で、村民さん達と話す余裕もなく一人黙々と作業していた。それでも完璧には出来ず、適当に咲いている場所も残っている。


HNI_0068
マイデザインの整備も行う。以前#928で「PROデザイン作成サポート」にチャレンジしたのをきっかけに、どうせなら少し入れ替えようと思った次第。


HNI_0005
数日後、出来上がったものがこちら。
なんてことない普通のジャージを色違いで4着作成。これなら誰が着ても大丈夫だと思うけれど(右端のピンクのジャージは頭装備のある4ごうさんとチューこさんに着て欲しい)、どうだろう?


HNI_0050
高額買取品に「家具」がやってこないせいもあるし、村長の中の人がだらしないというのもあって、村の地面は常にこんな感じでアイテムが一杯。すぐに売れるように待機させていたのに、さすがにこの状態はまずいということで、一度サブキャラさんに引き取ってもらうことに。


HNI_0039
作業中のスクリーンショットが全くなくて申し訳ないのだけど、収納や隠し倉庫に入りきらないアイテムはサブキャラさんの部屋に雑に置いてある。それを見せないよう、1階奥の部屋と左右の部屋は入り口を塞いで一時的に入室出来ないようにしてある。2階と地下室はどうしようもないので、できるだけキレイに並べたつもり。
最後は時間切れになってしまい木の苗や鉱石を直接置いている状態の部屋もあるけれど仕方ない(ハッピーホームアカデミーの評価的にはダメだけど)。


HNI_0042
サブキャラさんには、普段村長がカフェでアルバイトする際にかぶっているものを着けてもらった。かぼちゃさんとメトロイドさんが迎えてくれるはず。


HNI_0071
こんな感じでバタバタと過ごしながら、出来る限りの準備をした村長。
これから最後の大仕事が待っている。さぁあともうひと踏ん張り。




HNI_0064
とびだせどうぶつの森のプレイ記録、943回目です。
夢見の館に関する特別編が続いております。タイトルに「後編」と書いていますが、特別編はもう少し続きます。日々の暮らし(本編?)を楽しみにされている方には申し訳ないのですが、区切りの良いところまで書き切りたいと思っております。ご了承ください。


HNI_0040
現実世界でのプレイ時間の関係上、あまり時間がかけられない急ぎの案件ではあるのですが、しずえさんと話をして駅構内に募金箱(ハニワくん)が設置されたのはつり大会の前日。あのまま村長のポケットマネーで全額寄付したとしても翌日は釣り大会が優先されてしまうため、夢見の館完成記念式典は開催されない。


HNI_0046
なのでほんの少しだけ村民さん達に募金してもらい(255ベル×9名=2295ベル分)、残りを村長がサクッと募金する。普段なら何日もかけて村民さん達にも出してもらうけれど今回は時間がかけられないので特別対応。


HNI_0074
最後にもう一度建設予定地へ。
これまでずっと空き物件だったこの場所に、ついに変化が訪れる。ここはずっとこのままなんだと諦めていたのに、村長の中の人の謎の行動力のおかげで翌日からは違う景色が見られる。


HNI_0098
翌日。
現実世界で忙しく過ごしているせいであまり収録時間が確保できず、この日はいきなり夕方からのスタートになってしまった。
それでも、この夢見の館の完成が待っていると思うと、そんな弱音は言っていられない。


HNI_0026
今まで攻略本とamiiboカードでしか見ることのなかったゆめみさんに、ついに会うことが出来る。
普段着のままで申し訳ないけれど、さっそく完成記念式典に参加することに。


HNI_0032
村長(の中の人)にとって、初めての「本物のゆめみさん」と対面。村長も緊張した面持ちになっているように思える。

式典にはチューこさん、アザラクさん、ジェシカさん、アーサーさんが参加してくれた。今回はちゃんとフルメンバーでの式典になって本当に良かった(理由はよく分からないけれど、たまに村民さんが2名しかいない時があるんですよね)。


HNI_0034
博物館の改築でのフーコさんや、交番のおまわりさん、カフェのマスターさんもそうだったけれど、完成記念式典以降はその施設内でしか会えなくなってしまうので、こうして外でゆめみさんに会うのは貴重な機会だと思う。
夕方だけどまだなんとか明るいし、時間的にもギリギリセーフかな。もう少し遅い時間帯だったら残念な画になっていたかもしれない。


HNI_0052
いつものように祝辞を述べ、最後に恒例のアレ(=クラッカー)を鳴らし、式典は終了。
毎度のことだけどクラッカーを鳴らす瞬間の画がどうしても上手く撮れない。


HNI_0068
これでインターネットサービスが終了しても、ゆめみさんに会うことが出来るはず。どうしようかと葛藤している時間も含めると、これまで本当に長かった。

誘致までの流れを後回しにしていたけれど、こんな感じで話が進んでいました。つり大会とかキャンプに動物さんがやってきたとか他の出来事もいろいろあったので、進行形で書いてしまうとごちゃごちゃしてしまいそうで嫌だったんですよね。今回ちゃんと時間を取ってしっかり書けてよかった。

予告編と誘致編が終わり、次からは視察編。もう少しお付き合いください。


HNI_0033
とびだせどうぶつの森のプレイ記録、942回目です。
前回記事からの続きで、しずえさんと村長があれこれ話しているところからになります。


HNI_0034
村長がいない間に誰かが役場を訪ねたらしい。基本的に村長は村長席で執務することがないので、こういうことはすべて秘書のしずえさんが対応してくれる。


HNI_0036
最近は眠りが浅いせいかヘンテコな夢を見ることも多く、その度になんか朝からぐったりした感じになっている。本当に夢で疲れが取れるのかなぁ。このセリフだけ聞くとなんだか胡散臭く思えてしまう。


HNI_0037
村長の中の人のことはさておき、しずえさんはもっと休憩時間を取って良いと思っている。この話をしているのも実は午後11時30分過ぎだし、この時間に対応してくれるのはプレイヤーとしては嬉しい反面、正直働きすぎだとも思ってしまう。村長なのに労働環境の改善ができないのが非常にもどかしい。


HNI_0038
建設条件が整い次第(前回記事参照)、こんな感じで提案される。これ以降はプレイヤーの自由。建設する・しないはこちら側で決められる。


HNI_0040
今回は「夢見の館誘致プロジェクト」なので、もちろん建設する方向で。その為にこれまで頑張ってきたのだ。
会話はここでおしまい。ということで、早速村長席へ。


HNI_0054
公共事業のリストに「夢見の館」が追加されていた。建設費用は234000ベル。

余談ですが、我が村にはまだ「占いの館」がない状態なので公共事業リストにこの2つが並んでいる。見間違えそうになったものの金額の違いで気がつくことができた(ちなみに占いの館は340000ベルかかる)。気をつけよう。


HNI_0057
公共事業の中には撤去できるものと撤去できないものがある。今回も完成後は撤去できないとのこと。

その施設を作ることで誰かが常駐するものは撤去不可なのかな?とも思ったけれど、それだけではないっぽいし(キャンプ場とか)、撤去できる・できないの判定基準はよく分からない。

どちらにしても、建設する前から撤去したいなどと考えるのは変な話だし、仮にそういうことが起きてしまったとしても仕方ないと受け入れる方向なので、ここは「取り組む」を選択。


HNI_0059
駅の中で募金をするのは、おそらく博物館の改築(#142参照)以来なはず。しずえさんとの会話が終わった後に見に行くことにする。


HNI_0062
商店街側にできる公共事業は、博物館の改築、夢見の館、占いの館の3つだけだと思うので、募金担当のハニワくんが駅構内にいるのも実は珍しい光景なのかもしれない。
えきいんさんの話し相手になってもらえるといいなぁと思うものの、今回は急ぎの案件なのであまりのんびりできないのが残念。




HNI_0063
「とび森で村長生活(仮)」も、今日から4年目に突入しました。
この村での生活をしっかりと記録していきたいと思いますので、これからもよろしくお願いいたします。

今回からは特別編と称して、今まで後回しにしていた「夢見の館」誘致プロジェクトについて書いていきたいと思います。
大まかなあらすじは「#932 取り急ぎ、夢番地のご報告」で書いているので、こちらも合わせてお読みください。


HNI_0007
任天堂サポートから「ニンテンドー3DSソフトおよびWiiUソフトのオンラインプレイサービスに関する終了時期のお知らせ」がリリースされ、2024年4月9日(火曜日)午前9時にサービス終了すると正式に発表されました。

とびだせどうぶつの森に関しては、
・インターネット通信経由で他の村に直接行く
・「クラブ・コトブキ」に入会し、インターネット版の島に行く
・「夢見の館」から公開されている夢の村に行く(自分の村の夢を公開する)
といった、インターネットを使用する部分が遊べなくなってしまう。

個人的に上2つに関しては問題なく、夢見の館関連もどちらかというとゆめみさんやセイイチさんに会えなくなるというのがネックになっていた。


HNI_0008
村長の中の人にとって最大の難関が、ニンテンドー3DSをインターネット接続すること。
パソコンや他のゲーム機は有線で繋いでいるので今まで必要ないものだったためか、遠回しに伝えたものの家族の同意が得られない。正直に今回の件を話したとしても「4月9日以降使わないし無駄になる」と言われるのがオチだろう。
なので、ゆめみさんやセイイチさんを我が村にお迎えするためには、家族に内緒で無線LANルーターを購入し、収録時だけインターネット接続するという方法しか思い浮かばなかった。

3DSに対応しているものを探し(恥ずかしながらこういう事は全然分からないのです)、失敗も後戻りもできないと覚悟を決めて購入。インターネットに接続する方法を何度も確認し、ついに決行する。


HNI_0017
ニンテンドー3DS本体の更新と、「とびだせどうぶつの森amiibo+」のソフトの更新を行う。これまでは初期状態のもので遊んでいたけれど、更新したことによりオープニングムービーの際3DSの下画面の右上に「Ver. 1.5」と表示されるようになった。

更新が無事に終了しプレイ再開。おもむろに役場の前に佇む村長。
一度でもインターネットに接続された状態ならば、これから「いつもと違うしずえさん」が見られるはず。


HNI_0022
役場の受付カウンターでしずえさんが居眠りしている。
夢見の館の建設条件が達成されていると、このような光景を見ることが出来る。
(条件については後述)

しずえさんが居眠りするのはおそらくこのタイミングだけ。これまで3DSをインターネットに接続することを諦めていた自分にとって、絶対に目にすることがないと思っていた。
すごく貴重な姿なので、ここでしっかりとスクリーンショットを撮っておく。


HNI_0027
起こしてしまうのが申し訳ないと思うものの、声をかけないと話が先に進まないので話しかけることにする。


HNI_0029
慌てるしずえさん。
なんか似たような事があったような気がすると思い過去記事を見返してみたところ、#98でもこんな感じで謝られていた。微妙にセリフが違うのが面白い。


HNI_0030
月に一度はamiiboフィギュアを使ってオートキャンプ場に招待している(=有給休暇を取ってもらう)ものの、それ以外はずっと働いているからね。疲れてウトウトしてしまうのも仕方ない。


HNI_0031
夢見の館の建設条件は、
・公共事業が可能になってから7日以上経っている
・公共事業が一つ以上完成している
・3DS本体をインターネットにつないだことがある の3点。
これらの条件がすべて揃った時、しずえさんから提案される(←いまここ)

公共事業が出来るようになるには、村長の自宅がマイホームになっていて(テントでは駄目)、村民さんからの期待度が100%になっていること。
(このあたりは#30とか#90あたりを参照)
その後、公共事業の最初のひとつを#125で完成させ、今回インターネットにつないだことでついに条件が整った形。


HNI_0032
しずえさんの表情がコロコロ変わってかわいい。
ここでしか聞けない貴重な会話なので、一連の会話が終わるまでノーカットで載せようかと思っていたらのですが、かなり長くなりそう。
今回の特別編もかなりのボリュームになりそうです。



HNI_0047
いつもありがとうございます。#880.5以来の敗者復活になります。

31日恒例のフリートークですが、書きたいことはあるもののどうしても時間が足りなくて(これも投稿前日に書いております)。相変わらずの文章力だし内容も大事なことはほとんどないので、いつものように本文とは全く関係ないスクリーンショット(今までの記事に載せられなかったもの)をお楽しみいただけたらと思います。


HNI_0080
2024年に入ってからもうずっと体調が良くなくてですね、少し持ち直しては別の不調が出てくる、というのを繰り返しながら、気がつくと新年から3か月経ってしまいました。
いつかどこかで書いたかと思いますが、とびだせどうぶつの森をプレイするにあたりこの村での時間を2019年にしているのは「令和時代をしっかりと生き直したい」という理由から。でもこのままでは「2024年をしっかりと生き直す」という名目で、将来別のゲームを始めないといけないような感じです。


HNI_0075
気分転換にプレイしているはずのゲームで、困ったり悩んだりすることが、なぜか最近増えてきています。
これは別のゲームでの話なのですが、新規に入手したはずのアイテムがなぜか消えてしまい別のタイミングでしれっと新規入手アイテムとして登場する(そしてまた消える)ことがあったりしています。また、攻略本の表記が何ヵ所も間違っていることに気がついてしまったせいで、この情報は本当なのだろうか?と疑いながら読むようになってしまいました。
なんでこんなことが起こるのだ?と現実世界にゲーム内の悩みを持ち込んでいるせいで、気分転換どころか疲れが増えるような状態なのかもしれないです。


HNI_0005
考えていて楽しい悩みならいいんですけどね。「この敵には誰のどの技をメインに戦うべきか」とか「攻撃力と防御力のどちらを優先して上げようか」みたいな、悩みというよりも戦略を練る作業なら、日々の生活にも良い影響が出そうな気もします。「(ゲーム内で)これを早く試したいから(現実世界の)面倒ごとを先に片付けてしまおう」みたいになるのがいいんですけどね。
最近の悩みはそういう分類に当てはまらないから困る。


HNI_0022
ひとつお知らせなのですが、明日からしばらくの間、いつもの日常生活の記録をちょっとお休みしまして、特別編を書いていこうかと思っております。
「夢見の館」誘致プロジェクトです。
もっと早い段階で手をつけたかった件ではありますが、考えすぎたり体調不良からの復活を待つ間に結局こんなギリギリの作業になってしまいました。


HNI_0024
予告編?として「#932 取り急ぎ、夢番地のご報告」を先に公開しております。この経緯説明をしていくのですが、これがかなり長いシリーズになりそうです。

さすがにこのような方がこんなブログを読んでいる訳がないので今から書くことは自分の独り言になりますが、もしも今現在夢見の館の建設に悩んでいるとび森プレイヤーさんがいるのであれば、このシリーズを最後まで読み終わってからの判断だと間に合わないです。建設する・しないの判断や、パロンチーノさんから貰える夢見関連のバッジをどこまで頑張るかの判断は、ここ以外の情報で早急に判断して欲しいと思います。


HNI_0025
夢見の館関連で、ひとつ心に引っかかることがありまして。
ブログ本編にも時々登場する「マニフェスト」についてです。
一言で言うと「これは公約違反にならないか?」という部分で、おそらく読む側にとってはどちらでも良いことなのですが、ひとり勝手に悩んでいました。


HNI_0026
この村での過ごし方(プレイ方針)を決め「マニフェスト」と称し、#10(初版)や#502(改訂版)で掲げています。
その中の一つに「最初はソロプレイを楽しむ」という項目があり、
初版の#10では
上記の通り今も細々と別の村の村長をしているので、やろうと思えばローカル通信で特産以外の果物やアイテムを手に入れることができる。
特に理由はないけれど、最初のうち(ゲーム内で1年位経つまで?)は通信なしでも楽しめることをとことん楽しみたいと思う。
ちなみに、時々は外に持ち出してすれ違い通信を試みるかもしれないけれど、おそらく今は皆さんあつ森をプレイしているかと思うので、通信は期待しないでおく。
改訂版の#502では
「最初はソロプレイも楽しむ」もとりあえずは継続で。ゲーム内で1年くらい経つまでは、なんて言っていたけれど、その部分に関してはもしかしたら少し早めに解禁するかもしれない。解禁と言ってもさすがにもうすれ違い通信は出来なさそうなので、3DSを2台並べて一人二役でやる感じになると思います。
とそれぞれ書いていました。

ここの「ソロプレイ」というのは、すれちがい通信や3DSを2台並べてその間で行き来するようなことを想定していて、入手困難なアイテムを通信で簡単に手に入れることはせず自力で頑張る、という意味合いが強かった。あとはえきいんさんや住宅展示場のケントさんの出番が少なくなることの理由付けという部分も。
なので「他の村の夢を見る」ということは全く考えていなかった。


HNI_0052
ニンテンドー3DSのオンラインプレイサービスが終了してしまうとは思っていなかったので、ここでマニフェストの見直しが必要に。
「インターネット通信を使用する夢見の館の施設利用は、ソロプレイなのか、そうではないのか」ということに対しずっと考え、ついに結論を出す。


HNI_0053
#10で書いていた「最初のうち(ゲーム内で1年位経つまで?)は通信なしでも楽しめることをとことん楽しみたいと思う」という部分は、夢見の館を建てる時点で公約違反になってしまう。
けれど、インターネット通信関連は2024年4月9日の朝にサービス終了してしまうので、夢見の館関連についてだけは期間限定で通信解禁し、残り僅かではありますが体験してみようということになりました。

アイテム等を「見る」ことはできても「取得」することはできないというサービス内容から判断すると、この判断は良い落としどころなのではないかと思っています。


HNI_0054
(期間限定とはいえ)方針転換するのは簡単だけど一度決めたことを簡単に変えるのはどうだろう?とか、ひとりで悩んでいましたが、決めた以上はしっかりと楽しみ、それを記事に還元していきます。

明日からの特別編では、夢番地公開までのことをまとめる予定です。
これ以降はまだ未プレイなので今後どうするかは全く分からない状況。さすがに夢を500回見て「えいえんのドリーマー」のバッジを貰うなんてことはしないけど(時間的に無理)、特別編の続きにあたるものが何か書けたらいいなぁと思っております。期待せずにお待ちください。


HNI_0062
最後になりましたが、2021年4月からスタートした当ブログ「とび森で村長生活(仮)」は、この度4年目に突入することになりました。
未だに「とび森」を熱くプレイしております。そしてまだまだ続きます。ゴールを意識するのはまだ早いと思うので、これまでどおり「その瞬間を楽しむ努力」をしながら頑張っていきたいと思っております。
いつも読んでいただきありがとうございます。そしてこれからもよろしくお願いします。



とびだせどうぶつの森のプレイ記録、932回目です。
村長生活168日目になりました。現実世界でいろいろと忙しく、数日先まで収録は済んでいるものの、ブログ記事のストックが完全になくなってしまいました。この記事も投稿前日に慌てて書いております。大ピンチ!
前回までのあらすじ。
・さくら村・村長ハツエ。特産フルーツ・さくらんぼ。
・アイテム管理担当(サブキャラ)→あかね、しょうた
・初日を「2019年5月1日」に設定。現在10月15日(村長生活168日目)。
・#500までの記事は、旧ブログ時代に書いたものです。
マニフェストルーティンワークは時々本文内に登場するかも。
・今までに登場した動物さん達は、こちらにまとめてあります。
・動物さん紹介(かくれんぼ) #875、#881、 
・動物さん紹介(キャンプ場) #888、#926、 
・動物さん紹介(オートキャンプ場) #908、#912 
HNI_0035
改めまして、おはようございます。こちらの世界は2019年10月15日(火曜日)、村長生活168日目を迎えております。
「ブログに書くのを後回しにしている出来事がある」と最近の記事のあちらこちらでつぶやいていた気がしますが、やっとそれが報告できそうです。本来ならばいつものように時間をかけてしっかりと書きたいところではありますが執筆作業の時間がどうしても取れないので、まずは取り急ぎ報告ということで。経緯等は後日じっくりと説明したいなぁと思っております。


HNI_0063
以前#870.5でこんなことを書いていました。
少し前の話になりますが、ニンテンドー3DSソフトのオンラインサービスが終了するというお知らせがありました(ニュースリリース日は2023年10月4日)。
「とびだせどうぶつの森」に関しては、
・南の島のインターネット島(クラブ・コトブキ会員限定の島)に行けなくなる
・夢見の館が利用できなくなる
あたりに影響が出そうです。
サービス終了時期は2024年4月上旬予定とのこと。
3DSをインターネットに繋げる環境にないので、「夢見の館」に関しては当初から全く予定になかったし、ニュースリリース当初は特に何も思っていなかったのですが、ここに来て夢見の館を何とか建設できないか?と考えたりもしています。夢見の館自体は利用しないかもしれないけれど、ゆめみさんとセイイチさんにも我が村に来てもらいたいなぁと思う時があります。現状実現率は低めですが、もう少し検討しなければ。
「夢見の館」の件についてはこの記事を書いた年末あたりからずっと考えていました。建設するには今使っているニンテンドー3DSをインターネットに接続するのが条件。けれど我が家はそんな環境ではない。パソコンは有線だし、LANケーブルを3DSに繋げることはできない。
無線LAN導入に関しては、いろいろと訳があって家族の同意が得られず、もし3DSをインターネットに接続するのならば家族に内緒でこっそりとやらなければいけなくなってしまったわけです。

環境面や金銭面等あらゆる方向から検討した結果、後悔したくないという気持ちが勝ち、先日ついに無線LANルーターを購入。ついに夢見の館の建設条件をクリアする。


HNI_0057
細かい経緯説明は後日するとして、しずえさんに建設を依頼し、募金箱を設置してもらう。普段なら何日もかけて村民さん達からも募金してもらって「みんなで作った感」を演出するところだけど、今回は急を要する案件なので村長のポケットマネーでサクッと募金。


HNI_0032
そしてついに、ゆめみさんに会うことが出来た。
絶対に会うことはないと思っていただけに、この時は本当に嬉しかった。もうこれだけで大満足だったりする。


HNI_0068
前日まで入り口が雑に閉ざされていたこの場所も、こんなに素敵な装いに。建物に近づくと今まで聞くことのなかったベルのような音がうっすらと聞こえてくる。

村や商店街に新しい建物が出来たときはいつも「視察」しているのだけれど、夢見の館の視察については今度改めて記事にするして(後日この記事にリンクをつけておきます)、今回は取り急ぎこれだけ紹介させてください。


HNI_0076
さくら村の夢番地は
「 2F00-01F7-C712 」になります。
  ↑
更新に伴い番号が変わったみたいです。
最新の夢番地は
「 2F00-01FC-74CF 」になります(画像も差し替えておきました)。

今もとび森をプレイされている方の中には、オンラインサービスが終了する前に夢見の館関連のバッジを集めている方がいるかと思います。ゴールドバッジを手にするにはひたすら夢を見ないといけないはず。サクッと見てすぐ帰る、という作業をひたすらこなさないといけない訳です。そのお手伝い(?)ができればいいなぁと思い、登録することにしました。

おそらく、おすすめ?ランダム?で偶然来てくれる方がほとんどだと思います。
さすがにこのブログを見て番地指定でやって来るプレイヤーさんなんているはずないと思いますが、一応お断りしておくと、数日先まで収録済みなので登録されている村の状況はブログより若干異なっているかと思います。

自分の村などどうってことないです。目印にしている作業用のマイデザインが地面に貼りっぱなしだし、サブキャラさんの家は雑にアイテムが置かれているだけだし、あまり良い村とは言えないと自分でも思います。なのですぐ帰っていただいて構いません。
けれど万が一「来てよかった」と思ってもらえたのなら、すごく嬉しいです。


時間がない中で慌てて書いているため雑な感じの記事になってしまいました。本当に申し訳ないです。以上、緊急のお知らせでした。

とびだせどうぶつの森のプレイ記録、887回目です。
村長生活158日目になりました。書き進めていくうちに重要な記事になってしまった感。
前回までのあらすじ。
・さくら村・村長ハツエ。特産フルーツ・さくらんぼ。
・アイテム管理担当(サブキャラ)→あかね、しょうた
・初日を「2019年5月1日」に設定。現在10月5日(村長生活158日目)。
・#500までの記事は、旧ブログ時代に書いたものです。
マニフェストルーティンワークは時々本文内に登場するかも。
・今までに登場した動物さん達は、こちらにまとめてあります。
・動物さん紹介(かくれんぼ) #875、#881、 
HNI_0067
改めまして、おはようございます。こちらの世界は2019年10月5日(土曜日)、村長生活158日目を迎えております。
実際に記事を書き始めてみないとどのくらいのボリュームになるか分からない感じですが(5~6記事分かな?)、今までどおり「書きたい時に書きたいことを満足いくまで書く」というスタイルでやっていきます。


HNI_0090
まずはこの話から。
いろいろと事情があってここまで建設が先送りになっていた「キャンプ場」が、先日ついに完成した(#885参照)。


HNI_0015
その#885で
確か初回プレイ時の時は、完成してすぐに誰かがやってきた気がする。多分「こんな感じでキャンプ場にやってきますよ」というチュートリアル的な部分が含まれているんだと思われる。明日か明後日に来そうな気がするけれど、どうだろう。
なんて書いていたけれど、翌日それが現実になる(やっぱりこれは仕様なのかな?)。
これは前日朝の様子。普段はこんな感じで何も建っていない状態。


HNI_0075
そしてこれがこの日の朝の様子。早速テントが張られている。
一日に一件しか受け付けることが出来ないキャンプ場。しずえさん(役場側)が予約の管理をしているのか、それともパニエルさんがオートキャンプ場と一緒に管理しているのか、村長なのに分かっていない。


HNI_0019
キャンプ場に遊びに来ている動物さんとは、ミニゲームを楽しんだり村に住むように勧誘することができるとのこと。現在さくら村は9名体制。1名分余裕があるので勧誘の条件は満たしている。
早速会いに行きたいところだけど、誰が来ているのかを確認する前に今後の方針をある程度決めておこうかと。

まず、基本的にこのキャンプ場は、かくれんぼツアーやカフェと同じ「村民さん以外の動物さんと知り合える出会いの場」でありたいと思っています。勧誘というよりもスクリーンショットを撮って会話を楽しみたいという気持ちの方が大きいです。
なので基本的に、キャンプ場に来た動物さんを村に住むように勧誘することはほとんどないです。
このブログを読む側の目線で考えた時、「自分(読み手側)の一番好きな〇〇ちゃんが、さくら村に来た!→ハツエ村長が勧誘しなかった、すごいショック」という風になって欲しくない。ならば最初から「基本的にここでの勧誘は無しの方向で」というスタンスを示してあげた方が良いと思うのです。


HNI_0086
そうは思っているものの、やはりそれだと村の状況に変化が起きにくいので、時々は勧誘が必要になってしまうかもしれない。なのでもしもキャンプ場にやってきた動物さんを勧誘する際の基準点を設けることにします。

一番大事なのは、現在の村民さんとの相性。
このあたりで悩んできたことは過去記事で散々書いてきたので割愛しますが、この村での生活を楽しくするのに大事な要素なので、これを第一に考えていきます。

それと趣味嗜好の問題。相性ほど重要視はしていないものの、やはり誕生日等でプレゼントする際の選択肢が極端に少ないのは困ってしまうので。

あとは「現在村にいない性格の動物さん」とか「この性格同士の会話が見てみたい」というのとか、そういう細かい部分での希望はあるけれど、相性や趣味嗜好より更に優先度は低めになるかも。
こんな感じで最初は進めてみるけれど、状況に応じて見直しが必要になった際は柔軟に対処していくつもりです。


HNI_0066
それから、ミニゲーム関連はほとんどやらないかと思います。どんな感じか見てみたい気持ちはあるものの、どうしても時間に余裕がなくて、そこまでがっつりと楽しむ自信がないんですよね。

今後の方針がある程度決まったところで、キャンパーさんに挨拶しに行こう。



HNI_0014
いつもありがとうございます。
前回からほとんど時間が経っていませんが、#870.5以来の敗者復活(フリートーク)になります。
お正月休みと療養休暇のせいで本編もそんなに進んでいないので、今回はいつもより軽めになりそうです。いつもどおりスクリーンショットと文章は関連性がないので、駄文は適当に読み流してもらって画像の方をお楽しみください。


HNI_0015
新年早々ダウンしてしまいました。家族の風邪がうつって元日から高熱に。家の機能が完全に停止したまま松の内が明け、その後も倦怠感や咳が続いていました。
思い返すと、昨年夏の酷暑の疲れが残っているとか、忙しくて回復量が少ないと感じていたりとか、黄色信号がずっと灯っていた状態だったなぁと。うがいも手洗いもマスクも消毒も油断せずにやっていたけれど、疲れがたまっていた状態では家庭内感染は避けられなかったのかもしれないです。


HNI_0016
このブログも21日から再開したのはいいものの、相変わらず咳が苦しくて。ずっと体調が良くない状態が続いていたせいかどうしてもネガティブになってしまい(心を痛めるニュースが続いたのも原因のひとつかもしれないです)、執筆活動がなかなか捗らず困ってしまいました。記事のストックがほぼない状態なので、これから強引にでも書いていかなければ。


HNI_0017
「一年の計は元旦にあり」なんて言いますが、「今年はああしたいなぁこうしたいなぁ」とか「今年はこれを頑張りたいなぁ」なんてことを考える余裕なんて全くなく、あっという間に2024年の最初の一か月が終わってしまいそうです。
今からじゃ遅いかな、けれどノープランで1年過ごすのも嫌だな、なんて思いつつ、まわりからかなり遅れてではありますが、個人の目標やらこのブログでの目標やらを今になって考えています。


HNI_0019
ブログに関しては、とりあえず当面の目標として、中途半端になっているものをちゃんとしたいなぁと思っています。リンク付けとかタグ付け等、そのあたりから手をつけて整えてあげたい。本当はお正月休みの間にやりたかったんですけどね。出来なかったものは仕方ない。
相変わらず親切と不親切が同居しているブログで申し訳ないのですが、ちょっとずつでもやっていきたいと思っております。


HNI_0007
ブログ的にはつい先日、こちらの世界での9月が終わったところです(なんだか紛らわしくてすみません)。
村時間で月が切り替わってから最初の敗者復活枠で、1か月ごとの簡単なまとめを書いているのですが、今回もさくら村の9月の出来事を簡単に紹介したいと思います。「この日、村で何があったのか?」をブログ記事の通し番号と一緒に書いておきます(敬称略)。


HNI_0086
【2019年9月の さくら村】
9月1日 #725から#730 サブキャラ2人目加入
9月2日 #731から#735 朝活デー、「ビスのしゃしん」貰う
9月3日 #736から#744 草むしりの日、村長vsはっぱがらのふく
9月4日 #745から#747 眠らない村条例今日まで
9月5日 #748から#751 美しい村条例今日から、「青バラへの道」始動
9月6日 #752から#754 タックン襲来、サブキャラ宅に隠し倉庫
9月7日 #755から#760 ファッションチェック最終回
9月8日 #761から#764 ホームセンターまめつぶ最終日、初めての流星群
9月9日 #765から#768 開運グッズが貰えない


HNI_0013
9月10日 #769から#776 まめつぶデパート開店、
                 公共事業コンプリート(ぼんやり)
9月11日 #777から#780 村民さん達の洋服革命
9月12日 #781から#784 取れ高がない
9月13日 #785から#790 お月見、公共事業コンプリート(げんき)
9月14日 #791から#795 アーサー着替える、ジェシカ襲来、
                 クスケチャからしゃしん
9月15日 #796から#799 「てがみずき」のバッジ
9月16日 #800から#803 初めての転出届受理
9月17日 #804から#808 ハチに刺される事故、モダンなベンチ完成、
                 「うみのさちマニア」のバッジ貰う
9月18日 #809から#810 雨でやる気も取れ高もなし
9月19日 #811から#816 ジェシカ生誕祭、「おかいものじょうず」のバッジ


HNI_0072
9月20日 #817から#821 異性の髪型が選べるようになる
9月21日 #822から#831 今シーズン最後のムシとり大会
9月22日 #832から#835 4ごう襲来
9月23日 #836から#839 流星群(2回目)
9月24日 #840から#844 ベンチで親密度判定
9月25日 #845から#851 村長生誕祭
9月26日 #852から#858 名誉村民(第一号)誕生、「おうかん」購入、
                 「カタログマニアS」のバッジ
9月27日 #859から#862 村長生活150日目、クスケチャからしゃしん
9月28日 #863から#865 カブで大損
9月29日 #866から#868 ブンジロウ襲来
     (#869から#870 特別編)
9月30日 #871から#873 重複に悩まされる日
(2019年10月に続く)


HNI_0072
ブログ的には2023年7月15日投稿分から2024年1月23日投稿分まで。お休み期間込みで半年ちょっとかかった形になります。デパートも開店したし、村全体での大きなイベントがほぼ終わったと思うので、上記のような「1か月のまとめ」もこれからは少しずつ間隔が短くなる気がします。


HNI_0073
村時間で9月の最後の方から停滞期に入っていて、取れ高が少ない上に心無いセリフ(?)を聞く機会が増えてきました。文句を言いたくなることが増えている(書かずに我慢する機会が増えている)と自覚しています。
プレイヤー側が心身ともに弱っているせいで普段は「仕方ないね」と思えることもスルー出来なくなっている感じ。ゲーム側のアップデート(セリフの変更や追加など)は望めないので、プレイヤー側の受け取り方をどうにかしないといけない訳です。
その為にはやはり心身の回復しかないですね。


HNI_0084
個人的にも社会的にも、お正月を楽しむ余裕がなかった2024年のはじまりでしたが、それぞれの立場で、それぞれの持ち場で、できることをやっていきたいですね。できないことよりできたことに目を向けて、少しずつ積み重ねていきたいです。

最後になりますが、いつも読んでいただきありがとうございます。
このようなブログではありますが、少しでも皆様の気分転換のお供になるよう、日々精進していく所存です。今後とも末永くよろしくお願いいたします。



↑このページのトップヘ